クリニックを辞めたい!次の職場はどうする?

【クリニックを辞めた先は?】
 今クリニックに勤めているということは、病院勤務ができない・したくないということでしょう。そんなあなたが今いるクリニックを辞めたら、次はどこに行ったらうまくいくのでしょうか。

 

 クリニックを辞めたい理由が残業や人間関係、仕事内容etc.どれであろうと、別のクリニックへ転職するつもりなら同じことが起こることを覚悟しなければなりません。そもそも、クリニックで求人がずっと出ているようなところは要注意です。

 

 そして、クリニックは少数精鋭で回しているところが多いもの。辞めたいといっても、次が来ないと辞められない・数か月先という状況になるでしょう。
 狭い空間で数か月も退職希望を出しておいて働くのは、精神的に今よりキツイ状況になることが考えられます。そこまでして辞めて、辞めた後はどうするつもりか、考えていますか?

 

【安易な転職は繰り返さない】
 もし若いうちからクリニックで働いていると、これから病院勤務をして通用するかというところが問題になります。クリニックなら、その医師の専門分野の処置と診察介助だけでよいのですが、それですら入院対応が必要な大きな処置や治療はありません。仮に今と同じ分野の病棟配属にしてもらったとして、昨今の診療報酬改定に伴う看護必要度や電子カルテについていけるでしょうか。
 勤務条件をそれまでのクリニックと同じ働き方をしようとすると、パートになってしまうかもしれません。下手したら、今の給料より下がることもあり得ます。

 

 もしクリニックを辞めたい理由が「〜がしたい」という前向きな理由であるなら、病院や老人保健施設への転職もいいでしょう。ですが、「〜が嫌だから」という理由で今の職場を辞めたいのであれば、クリニックへの異動は同じことが起こる可能性が高いでしょう。
 クリニックに勤めた期間が長ければ長いほど、その後の選択肢は限られてきます。看護師といってもスキルには大きな差がありますし、ただ人数集めで資格ホルダーが欲しいというところでない限り、勉強は必要ですから。

 

 

 結局、今の職場にとどまるのが一番ベストと言えます。辞める前に、自分でなんとか問題を打開できる方法がないものか、もう一度考えてみましょう。旅行にでも行って非日常の世界に身を置いて、ゆっくりこれからのキャリアをどう築くか考えてみるのもいいでしょう。
 それでもどうしても耐えられない・辞めざるを得ない事情があるという場合には、安易に次のところと契約してまたすぐ辞めることのないように、人材紹介会社を経由して転職先を決めましょう。契約面でのトラブル回避や、評判の良くない場所への転職を避けることができるでしょう。