今の職場を辞めたい看護師の方へ

 どうしても今の職場では続けられない、異動では解決できない問題があるというのなら、今の職場を辞めて転職するのも一つの選択です。その場合、上手に辞めて上手に転職することが大事ですよ。

 

上手に辞める

 引っ越しでもしない限り、看護の世界はつながっています。ふとした時に、前の病院と関わることがあるものなのです。
 あなたが今市内の病院に勤めていたとします。そして病院勤務から一般病院やクリニックへ転職した場合、重症患者を紹介する先が今の病院になる可能性は高いですね。その時に知った顔がいるというのは心強いもの。逆に前の職場とこじれて退職してくると、便宜を図ってもらうどころか厳しい突っ込みを受けることになります。

 

 どこもマンパワー不足ですから、なかなか上手に辞めるというのは難しいもの。ですが、最低でも喧嘩別れにはならないようにしましょう。辞める時の理由を今の病院ではどうしても解決できない問題にすると、諦めてすんなり退職を認めてくれるかもしれません。

 

 そして、辞めるにも社会人としてのマナーは必要。いきなり辞表をたたきつけて「明日から来ません」なんていうのは、ドラマの話。看護師の人員配置は経験も考慮しながら行うので、すぐにあなたが抜けた後の体制を整えることはできません。ですから、退職までには数か月の余裕をもたせなければなりません。
 退職希望を出してから数か月は働きづらい日々が続くことも、覚悟しなくてはなりませんよ。

 

上手に転職する

 転職先は、焦らずにじっくりと探すことが大事です。その時のポイントとしては、必ず前の職場を退職する理由が、解決されること。勤務時間なのか、勤務内容なのか、給料なのか、その辞めようと思ったことをクリアしなければ、わざわざ慣れたところを辞める意味がありません。
 ただし、これら雇用条件はなかなか自分で交渉するのは難しいし、あまり強引に交渉するのは得策ではありません。採用されなくても困るし、入ってからうまくいかないのも困りますから。

 

 辞める時は自分だけでできますが、転職するときには、必ず人材紹介会社に登録してからにしましょう。できれば辞めたいなと思ったことがあった時にあらかじめ登録しておいて、自分の条件に合った求人が出た時に連絡をもらうことが望ましいですね。
 そうすれば、先に辞めるだけ辞めてしまって収入が途絶えるということもありません。収入が途絶えると、最後には焦って条件が悪いところに決めてしまいかねませんからね。

 

 転職は「うんてい方式」でいくことがベストです。今の職場での立場を握ったまま、次を掴むのです。自分の納得いく雇用条件で、やりがいのある勤務内容の職場をみつけたら、数か月先の就職を条件に就職試験なり面接を受けましょう。
 今の職場をいきなり今月辞めるというのでは困るし、それこそけんか別れになってしまいます。契約違反になってしまうかもしれませんね。できれば年度末という区切りを利用すると、出す方も受け入れる方もやりやすいでしょう。それが無理でも、2〜3か月先で採用してもらうことが望ましいですね。

 

こんな転職には要注意

 転職は上手にすると、仕事と家庭のバランスも取りやすく、続けやすくなります。ですが、転職を決意した理由によっては、また同じことが起こるかもしれません。

  • 嫌い、苦手な先輩ナースがいる
  • 嫌い、苦手な医師がいる
  • 勉強会が嫌
  • 勤務内容がハード(休憩がしっかりとれない)
  • 残業が嫌い、できない

 こういった理由が原因の転職は、注意しないとまた同じ理由で転職が必要になるかもしれませんから注意が必要です。とくに人間関係はどこにでもあるものですから、ある特定人物から離れたとしても、また苦手な人が出てくるかもしれません。

 

 また、残業や勉強会・勤務内容については、看護師の給料というのはこれらの面も大変だからこそ提示されていると考えなくてはいけません。専門職というのは学び続けなくてはいけませんから、その全てを嫌というのはプロとは言えません。
 そして残業は嫌だけど正規で働きたいというのは、少し都合がよすぎるというもの。どうしても定時で帰ることが必要であるなら、少し予定より帰りが遅くなっても困らないよう、勤務時間を30分から1時間短くしてもらうパート採用も検討しましょう。ただしパートになれば給料だけでなく、さまざまな待遇が正規とは違うこともお忘れなく。

 

 

 転職することで離職することを免れるのなら、その方が絶対に良いです。一度医療の世界から逃げてしまうと、戻ってくるには相当の覚悟と努力が必要になります。一方で、働き続けることはキャリアを形成しますし、働く場に困ることはありません。いくら看護師でも、就職2年で辞めて15年のブランクがある人は、積極的に採用しようとは思いませんからね。逆に、そんな人材でも欲しいという職場はいい職場環境とはいえないでしょう。

 

 退職も転職も、上手にすることが今後も同じエリアで看護師として働くなら必要です。看護師同士のネットワークというのは意外に強くて広いので、何かの折に関係を持つことがあるかもしれませんからね。無駄に敵は作らず、上手な転職をしましょう。